トップページ

Let's mountain climbing!!

登山時のリスク管理について

登山では準備を整えてリスク管理を行う事は必要になります、特に標高が高い山に登る時には天候変化も激しかったり、気温変化や高山病リスク等の環境適応への準備を行わなければ危険な状況に陥る事もあります。
飲食物やトイレの事等様々な準備が必要になり、山を登る時にはカロリー消費も激しくなりますから糖分を摂取してから登り始めたり、水分補給を行えるように必要な水を用意したり、トイレ環境が乏しい山では携帯トイレを準備する等も必要になります、衣類も天候や気温変化に対応出来るように準備を整える必要があり、靴等も登山に適したものを用意しないと登っていく事が難しくなってしまいます、特に3000メートルを超えるような山の場合は気温も急激に下がり、空気も薄くなっていきますから急に登っていくと高山病にかかってしまう事もあります、ゆっくりと山を登って行き、体を適応させながら登っていく事が必要であり、仮に気分が悪くなった時には迷わずに下山する事が望ましいです、高山病の対策は標高を下げていく事が有効であり、無理をして登っていくとリスクを伴う事になりますから、そういった事を考慮した上で準備を整えてから、山登りを楽しむと良いです。

登山をして健康的になる

登山は最近は中高年から、高齢者、山ガールと言われる若い女性にも最近は人気のアウトドアスポーツです。
でも登る前に自分の体力と経験などを踏まえて、行く山をきちんとリサーチしてから登るようにしましょう。
初心者がいきなり3000メートル級の山に登るのは危険です。
まずは低い山から体力作りをして足を鍛えていきます。
登山口にある入山計画書は必ず記入して、単独でいく場合は家族や近所の方に一報入れておく事も山で何かあった時に救助が速やかになります。
楽しい登山にしたいのならこれは最低限のマナーです。
持ち物は喉が渇きますので水は1リットルくらいは絶対持参しましょう。
飲まなくても、怪我をしたときに水があると何かと汚れを落としたり消毒できたりと便利です。
山にアルコール飲料はおすすめできません。
ビバークするなどの予定がないならばアルコールは極力避けましょう。
山頂に近ずくと天候が急変したりする事もあるので、防水、防寒できるアウター、帽子。
素材としては少し値段が高くなりますがゴアテックス素材の防寒着がおすすめです。
後は休憩時に食べれるような甘みのもの。
簡単に食べれる物がいいです。
山頂で記念の写真を撮りたいならばデジカメも必須アイテムになっています。